上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
対になって、なんて対極する巡り巡る世界。

終わりがあるから始まりがあり。生があるから死があり。

愛が深い程憎しみは深く。悲しみがあるから喜びがある。

そして影なくして光はありえない。

私に中にも、私を取り巻くせかいにも。



わたしは、影をも愛しいと解りきり。
それから影のあまりの恐ろしさを畏怖する。



けれど






ひかりときぼうに向かって
伸びて行く。



It is a ray of hope for me






DSC_0234.jpg

スポンサーサイト
2011.11.25 Fri l つれづれなるままに l top
かみしめる。




ひとくちの粥。ひとくちのお水を。



かみしめる。




くるしい一度の呼吸を。

かみしめる。



フォークを持つ手は大きく震えていてうまく食事が摂れない。



・・いった何時くらいまで、私の手は動いて、自力で食事がとれるのか。


何時くらいまで、自分の足で歩けるのか。おトイレは。


肺は空気をしてくれるのか。




「もう治療はやり尽くししました。これ以上。回復の見込みが・・・」

何年もお世話になった。名医と言われるDrの声。





かみしめた、ひとくちのおかゆ。





・・・・おいしい・・・



かみしめた窓から見る空。

あおい。あおく澄みわたっている。


かみしめた見舞いの花。

どんな名画に勝る。











うつくしい。




うつくしくて。あまりにもうつくして。


なみだがでるほど。



いとおしい。








この世のすべてのもの。












sora



2011.11.07 Mon l 写真と文 l コメント (0) l top




ゆうやけこやけ。

ゆうやけこやけまで遊んで帰った。

6時の鐘と迫る闇にはしって走って帰ると。
だんだんぐんぐんちかくなってくる来るくるよ。 
古くて小さい窓のともしび。


待っているのは家族。ただいまお母さん。



おかあ    

     さん。

と、  口に出すと。


どうしてかな。いつも。

大人の今でも子供の昔に戻ってしまう。


冷たくされた記憶があっても。
昔も今もだいすきな。




hhhh




fffffffff



(2007年春撮影。記)
2011.11.07 Mon l 写真と文 l コメント (0) l top
大きな傷ができちゃったけど、無事に手術が終わって良かったよ。
今日は長い間の入院生活の終わり。

指折り数えた、退院の日。

Drに、有難うは言ったよね。
それはもう。回診のたびに。診察のたびに。毎日朝晩。
それから今日も。沢山沢山。
どれくらい言えたかな。

それから看護士さんにも言った。
やっぱりたくさん。
「ありがとうございます」って

毎日病室のお掃除をしてくださる方と仲良くなって
それもお礼沢山言えた^^
「有難うございます」って。
仲良くなって、寝たきりで横になりながら気軽にお喋りできるって
病院のお掃除はDRと同じくらい、きっと大切な仕事なんだよ。
だから「ありがとうございます」
心をこめて言ったの。嬉しそうに笑って下さったの。

でも
言えなかった。

声に出して
言えなかったな。

私の体が落ちないよう。支え続けたベット柵に。

小さな点滴の針

沢山のお薬と。

お布団と枕と、シーツと・・

声に出しては言えなかった。

言えなかったな。


(2000年代前半記」
2011.11.06 Sun l つれづれなるままに l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。