上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
梅雨の終わりの愛しい雨を
抱きしめる。

くもの巣のきらきら。
白い空と降ってくる硝子のような雨粒。
草いきれと雨の匂い。
ひんやりの空気。

だきしめる。

終わってしまうからこそ。
いとおしいもの達を。

kakitagawa

2006.07.18 Tue l 写真と文 l コメント (6) l top

コメント

愛しいものたちを雨に濡れた情景に置き換えているのでしょうか。

雨あがりは不思議もいっぱい見せてくれますよね。

>降ってくるガラスのような雨粒
が好きですね^^。
2006.07.18 Tue l 霧の香. URL l 編集
霧の香さんへ

そうですね。置き換えるのと・・ほんとに梅雨の最後の雨を惜しんでました。雨に濡れた緑は綺麗ですからね☆:。

雨上がりは不思議も沢山で・・雨が上がった後、太陽がすぐ出たりすると、世界はキラキラしてみえますね☆:。
2006.07.18 Tue l るりすずめだい. URL l 編集
おおっ~るりすずめだいさんも「梅雨の終わりの雨」書きましたかぁ。
いいですよね。ほんとに抱きしめたくなりますよね。
この詩は、読むだけでやさしい雨の匂いがします。
2006.07.19 Wed l あおは. URL l 編集
あおはさんへ
書いてからあおはさんの所へ詩を拝見しに行ったら「梅雨の終わり」を書いておられまして、ああ、少し似てる所があるのかなあって(*’▽’)この時期に皆感じる事って似てるのかもですね。私は雨が好きなんですよ^^;なんだか知らないけどとても好きで、雨の詩は沢山書きたくなります☆:。
2006.07.19 Wed l るりすずめだい. URL l 編集
コメントありがとうございました。今年は梅雨明け少し遅れるみたいですね。
体調を崩されないようにお気を付け下さい。
2006.07.19 Wed l yamabato1217. URL l 編集
こちらこそコメントと優しい言葉を有難うございます。
暑い夏に備えて体調管理をして行こうかなって思ってます。
2006.07.20 Thu l るりすずめだい. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。