上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
マナの海




フィジー国は南太平洋。
赤道近く、ニュージーランド諸島のすぐそばにある、
300もの有人島、無人島からなる国です(^^

公国語は英語とフィジー語。昔英国に支配され、一度独立した英国圏。
民族構成はフィジー系半分。インド系三割。その他。
インド系の人々は1800年代に英国にフィジーが支配された際、
農業開発で強制移民させたれた人々の子孫。

本島ビチレブ島ではフィジー系とインド系の対立が激しく、
2000年、インド系の大統領に対してクーデターが起こっています。

産業は第一位が観光。第二位がサトウキビなどの農業。三位がその他もろもろ。

首都は本島のナンディ。

平和好き、治安の良い場所が好きな私達夫婦は本島を避けて旅行会社でパックツアーが組まれている治安の良いフィジーの離島、
マナ島に行く事にしました(^^


さてフィジアン。
陽気でとにかく人なつこく、歌好きと聴いております。


本島ナンディ空港へ降り立ってマナへの飛行機を待つ間、
サービス精神旺盛で、日本人が懐かしいのか好きなのか、
沢山情報をお喋りしてくれた
フィジーの地元に住む旅行会社の人から聞いた話。
フィジアンは失業しても3年は
食べてゆけるそうで^^
それは皆が助け合う意識がなんだか強いからだそうで。

インド系の人はちょっとお金を貯める事に夢中だそう。

対立が起こっているくらいだから気質も違うんだろうな。
って想像した私でした。

マナへの飛行機がやっと到着して、飛行場に行くと、
待っていたのは10人乗りの小さな飛行機・・(しかもボロボロ、ぺこぺこな外装)

飛ぶの?これが^^;?本当に?

って引いていると陽気なお兄ちゃんがなにやら話しかけて来て、
でも空港関係者の札を胸から下げているし怪しい人ではなさそう。

仕事の関係で英語堪能な旦那さん。カタコト英語の私。
二人に陽気に話しかけて来る。
内容はなんだか日本のどこから来たのか。マナは良い所なので楽しんで来い。っていう普通の事なんだけど、お兄さんが陽気なので
こちらまで楽しくなって来ます(^^

で、ちょっとお喋りして調子に乗ってしまった私は
「ピクチャー、OK?」

と、パシャリ♪☆


空港のお兄さん


撮った写真を画面で見せて「ユー、アー、ソー、ハンサム(^^」
と、本当の事を言うと、

「サンキュー♪サンキュー♪」
と、なんだか嬉しそうだった(ハンサムと褒められた事が)

さて、そうこうしている内に飛行機に乗り込む時間。
乗り込んだ飛行機は


飛行機




せ、狭い・・


でも皆窓際って言う好条件なので良しとしましょう。

ブルブルとディーゼルカーの様な音を立てて飛び立つ飛行機。
で、離陸。
飛行機に乗るのが大好き^^な私は怖さも忘れて
窓からの景色にワクワク。

本島ではマングローブなどが生えていて、茶色系の海。
けれどだんだんと、色が青くなって飛行機がマナに近づくたびに海の色が澄んで行きます。

さんご礁~♪


きれい~(〃'∇'〃)・・は~。

って青い海とその島々に見とれていると、
残念10分程度でもうマナ島に到着。

降り立った空港は日本では想像出来ない草原の中に滑走路。
遠くに青い海。青い空。
異国の空港にとりあえずびっくりしました^^



マナ空港からの景色



その2からは写真とマナの風景。
フィジアンとの交流についてです☆:。
2007.10.10 Wed l 写真と文 l コメント (4) l top

コメント

おはようございます♪
ビーチリゾート大好きなんですけど、もう3年近く、離れております(泣) あー、いいなぁ。大変満喫させていただいてます☆☆☆
2007.10.11 Thu l りん. URL l 編集
こんばんは。
いいですね、海の色がとてもたまりません。
草原の中の滑走路とは...すごい経験ですね~
綺麗な写真、ありがとうございます。
2007.10.14 Sun l ゆったり人. URL l 編集
りんさんへようyこそいらっしゃいませ♪

安全なリゾートのビーチって良いですよね(^^
堪能していただいけてるようで嬉しいです☆:。
2007.10.22 Mon l . URL l 編集
ゆったり人さん、
ようこそいらしゃいませ♪

海はほんとに綺麗でした。

水中の撮れる使い捨てカメラを使ったのですが、透明さがうまく出ませんでした(涙

草原の中の
滑走路ってほんとすごいですよね^^;
2007.10.22 Mon l . URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。