上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
遠い星に思いをはせると。
青い地球のその中の独りだと思ってみると。

なんて小さい私の苦しさ。
見えないほどの一生。

空を飛んでみる。
そこから自分を見てみる。地球の上。街の中。人の中の自分。
自分のことを、自分で無い第三者として見てみる。

沢山の苦しみをかかえた地球の人々と。戦争で命の心配は当面ない私。
明日の食べ物は補償されている私。
(私の痛みなんて、こんなもの)


悲しみは小さく、小さくなり。
心は風になり花になり飛んでゆく。

おおきい連鎖の中の自然のいちぶの私
         (きらきらと心はかあるくなって行くよ)


                   地球と自然ににとけてゆくよ。

けれどああ星よ。星よ。


私はひとでいたい。

ひとでなくなるのは。悟りきるのは。

手足が動かなくなってからでいい。


星よ。  星よ。

泣いてわらって苦しみ又立ち上がる。

大きな風に嵐に翻弄され、泣き、笑い苦しみ。

とてもかなわぬ自然の力に   死に     生きてきた人が。

太古の昔から人々が繰り返して来た様に。



星よ。星よ。


私はどこまでも


ひとでありたい。

2007.02.20 Tue l 写真と文 l コメント (4) l top

コメント

るりすずめだいさん、こんにちは^^

わたしは、言葉とともに、
映像が浮かんでくるのですが、
るりすずめだいさんの書かれる詩は、
とってもこころに鮮明に、
描かれるような膨らみを感じます。


るりすずめだいさんと共に、
宇宙から、
いま、ここに在る、
わたしを感じていました。


>星よ。星よ。

>私はどこまでも

>ひとでありたい。

この言葉に、
人であることへの愛しさ、
るりすずめだいさんの愛の深さを感じました。

八木重吉さんの詩を拝見させて頂きました。
とても純粋な魂、
清々しく心があらわれるような詩でした。
でも、それは、愛と反対の存在をも、
包み込んでの愛を感じて、
魂に届く感動でした。

まだまだ、これから、
拝見させて頂きたいと思います^^
すばらしい方を教えてくださって、
ありがとうございます!
2007.02.21 Wed l ふわり. URL l 編集
一緒に宇宙から見つめました。
一緒に あがきながら生きている哀しいけれど愛おしい 人でありたい と願いました。
2007.02.22 Thu l あおは. URL l 編集
ふわりさんへ。

私ごときの書いた文章で鮮明に画像が浮かんでこられるならば、とってもとっても嬉しいです(^^

八木重吉さんも気に入っていただいたみたいで良かったです。ホント、彼は天才だと思います。あの短くてシンプルな詩にあれだけ透明感と深みを持たせられるっていうのはすごいです。とても純粋な魂。私もふわりさんと同じような感覚で彼の詩を読んでいます。
(八木重吉さん。高村光太郎さんのように、本職は詩人じゃなかったみたいなのですが・・)

コメント有難うございまいした(*’▽’)
2007.02.23 Fri l るりすずめだい. URL l 編集
大自然に翻弄されて、生かされて。

泣いて苦しんであがくどこまでも人として生きたいなってよく思います(^^

コメント有難うございました☆:。



2007.02.23 Fri l るりすずめだい. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。